今日お金借りたい!今すぐお金借りる即日融資の手引き書 ※至急必要

とにかく今日中にお金を借りたい方向けに、当サイトでは以下の内容についてお伝えしていきます。
  • 【最短1時間】今すぐお金を借りる方法
  • お金を借りれる人の条件
  • 即日融資可能なおすすめカードローン

まず結論からお伝えすると、

  • 即日融資で今日中にお金を借りるならアコムプロミス等の大手消費者金融がおすすめ(銀行では最短でも数日かかる)
  • アルバイトでもいいので毎月収入がある20歳以上の人なら審査通過の可能性がある
  • 無利息サービスがある大手消費者金融を選ぶのが賢い選択

ということになります。

 

具体的な借入先としては、今すぐお金を借りるときに最適なのはアコムプロミスです。(初めてご利用なら30日間無利息サービス付き)

 

時間を無駄にしないためにも、まずは簡易審査を受けて借入可能かどうか判定してもらうのがオススメです。(簡単な質問に回答すればわずか数秒で結果がわかります)

 

プロミスで簡易審査を受けてみる>>

 

・・・詳しくは記事をご覧ください!

 

すぐに借りれるオススメカードローン確認【※最短1時間】>>

 

今日お金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のキャッチコピーでおなじみのアコムは、その言葉のとおり初めてお金を借りる人でも安心して利用できるカードローンです。初めて利用する場合、30日間利息0円でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、借入れまでの一連の手続きを全てネットだけで完了できます。審査スピード・借り入れまでのスピードの速さにも定評があるので急ぎでお金を借りたい多くの方に利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

今日中にお金借りたいなら大手消費者金融!

今日中にお金を借りたいなら、プロミスアコムのような大手消費者金融で借りるのが賢明です。というよりも、安心安全に、申し込んだその日のうちにお金が借りられる方法はそれほど多くありません。

 

今日中にお金を借りるために大手消費者金融でお金を借りるのをオススメするのは、以下の6つの特徴があるからです。

  1. 大手銀行がバックにいるので安心・安全
  2. 最短1時間で借りられる
  3. スマホやPCからネットで簡単に手続き可能
  4. 銀行に比べ様々な借り入れニーズに柔軟に対応
  5. 保証人も担保も不要
  6. 無利息サービス付きでお得に借りられる

1.大手銀行がバックにいるので安心・安全

お金を借りる時に、素性の知れない変な所から借りるのは危険です。お金の貸し借りは、後々大きなトラブルになりかねないだけに、信頼できる所から安心・安全に借りたいものです。

 

その点以下のように、大手消費者金融なら大手銀行がバックにいるので安心です。

 

プロミスSMBCモビット

SMBCグループ

 

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

レイクALSA

新生銀行グループ

 

2.最短1時間で借りられる

大手消費者金融は、どこも貸付窓のスピードを売りにして力を入れており各社とも競い合っています。実際に、プロミスアコムなら最短1時間でお金が借りられます。

 

ここまで早いスピードで安心・安全にお金が借りられる方法は、他にはほとんど見当たらないといえます。

 

たとえば、お金を借りる借り入れ先として多くの人がイメージしやすいであろう銀行の場合、最短でも数日程度は借入までにかかります。

 

銀行カードローンは即日融資不可

銀行も消費者金融と同様にカードローンを取り扱っています。

 

銀行カードローンでも、以前は申し込んだその日のうちにお金を借りることができました。しかし、2018年からは審査の過程で、警察データベースへの照会が義務づけられたため、警察からの回答に最短でも数日程度はかかるため、即日融資に対応できなくなってしまったのです。

 

3.スマホやPCからネットで簡単に手続き可能

大手消費者金融はどこもネットからの申込みに力を入れているので、借りたいと思った時にすぐにスマホやパソコンから、ネット上の簡単名手続きにより申し込むことができます。

 

たとえば、プロミスのWEB完結で申込み、借り入れ金を銀行口座に振り込んでもらうようにしてお金を借りるようにすれば、一切どこにもでかけることなく、その場でスマホやパソコンからお金を借りることができます。

 

プロミスのWEB完結の詳細をいますぐ確認>>

 

4.銀行に比べ様々な借り入れニーズに柔軟に対応

お金を借りようとすれば、まともな借り入れ先なら、申込み者の返済能力について調べ貸付可能かどうか審査を行います。当然ながら、審査に通過できなければお金を借りることはできません。

 

たとえば、銀行カードローンは審査が非常に厳しい傾向にあり、年収500万円程度以上ないと審査通過は難しいと言われています。

 

その点、大手消費者金融カードローンの場合、様々な方の借入に対して比較的柔軟に対応してくれる傾向にあります。

 

実際に、公式サイトでも

Q アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?

 

A アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

 

出典:プロミス公式サイト


と謳われているとおり、大手消費者金融なら、アルバイトをしている学生やパート勤めの主婦など、毎月定期的な収入があれば、そこまで収入の高い方でなくても審査通過してお金が借りられる見込みがあります。

 

5.保証人も担保も不要

お金を借りる方法の中には、本人が返済不能になったときに備えて保証人や担保を設定することを求めるものがあります。

 

保証人は本人が返済不能になった時に、かわりに返済を行う責任重大なものなので、保証人になってくれる人は早々簡単に見つかるものではありません。今日中にお金を借りたいという急ぎのときに、わざわざ保証人を探していては間に合いません。

 

その点、大手消費者金融カードローンなら保証人も担保も不要でお金が借りられるので、急ぎのときにも安心です。

 

6.無利息サービス付きでお得に借りられる

お金を借りるとき、できればお得に借りられたらうれしいものです。誰でも余分なお金は払いたくないですよね。

 

その点、大手消費者金融の中にはプロミスアコムのように、初めて利用する方を対象として、一定期間無利息でお金が借りられるサービスを実施しているところがあります。

 

プロミスとアコムは、どちらも無利息期間は「30日間」となっています。しかし、プロミスとアコムでは無利息期間の開始日が異なります。

 

※プロミスとアコムでは無利息期間の開始日が異なる!

 

プロミス・・・初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム・・・契約日の翌日から30日間無利息

 

従って、契約日から初回借入日までに期間があいてしまう可能性が少しでもあるなら、プロミスで借りるのが賢い選択です。

 

今すぐプロミスの詳細を確認してみる>>

 

今日お金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のキャッチコピーでおなじみのアコムは、その言葉のとおり初めてお金を借りる人でも安心して利用できるカードローンです。初めて利用する場合、30日間利息0円でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、借入れまでの一連の手続きを全てネットだけで完了できます。審査スピード・借り入れまでのスピードの速さにも定評があるので急ぎでお金を借りたい多くの方に利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ユーザーおすすめランキング(※今日中に融資OK!)

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結では、融資を受けるまでの一連の手続きをネット上で完結することができます。ネットで完結といっても、手続きの途中で疑問に思うことや不安に思うことがあった場合には、電話でオペレタースタッフに気軽に教えてもらえるので安心です。女性スタッフが電話対応を行うプロミスレディースも男女問わず人気です。

↓※女性も男性も利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日融資ならプロミス!30日間利息ゼロ円♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
「はじめてのアコム」というキャッチフレーズでおなじみのアコムは、大手銀行系の三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。大手銀行がバックにいるという安心感があるので初めてお金を借りる方にぴったりのです。
\最短60分で借入可能!しかも30日間利息ゼロ円!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 申し込み後、最短15秒程度で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(※日曜日は18時)までに全ての契約手続を完了(※必要書類確認や審査を含む)すれば、申込み日のうちに銀行振込みによる融資を受けることが可能です。ただし一部金融機関・メンテナンス時間等は除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込曜日や時間帯次第では翌日以降の取扱いになる場合があります。

\30代以上から特に支持されています/

 

カードローンの基礎知識

ここでは、カードローンでお金を借りるのがはじめての方向けに知っておきたいカードローンの基礎知識について解説します。

  1. 申込み可能な人の条件
  2. 申込みに必要な書類
  3. 収入と借入額の関係
  4. 審査について
  5. 在籍確認の内容と流れ
  6. 利息の計算方法
  7. 返済方法

1.申込み可能な人の条件

カードローンに申し込めるのは、以下の2つの条件を両方とも満たす方です。

 

1.20歳以上であること
2.安定した収入があること

 

1.20歳以上であること

お金を借りるということは法律上の契約行為です。未成年が契約を行うと、あとから取り消しが可能な不安定な状態になってしまいます。

 

そのため、多くのカードローンでは20歳以上であることが申込みの要件となっています。

 

2.安定した収入があること

カードローンでお金を借りたら、当然ですが返済していくことになります。カードローン会社は、返済能力が不十分な人にお金を貸して貸し倒れになってしまっては大損害を被ります。

 

そのため、返済能力を担保するために本人に安定した収入があることが要件として求められているのです。

 

2.申込みに必要な書類

カードローンの申込みに必要な書類は、基本的に以下の2つです。

1.本人確認書類
2.収入証明(※)

 

※収入証明書が必要なのは、以下のいずれかの条件を満たす場合のみです。

 

・借入希望額が50万円を超える
・借入希望額と他社での借入額の合計が100万円を超える

1.本人確認書類

本人確認書類として利用できるのは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票

 

2.収入証明書

先述の通り、、基本的に収入証明書が必要なのは

 

・希望借入額が50万円を超える
ご希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超えるお

 

の場合のみです。

 

収入証明書として利用できるのは以下の書類です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書をご用意。

 

3.収入と借入額の関係

借りられる金額は本人の返済能力に比例します。したがって、収入が多ければ多いほど、基本的には返済能力が高いと判断されるので、収入が多いほど借りられる金額は多くなる傾向があります。、

 

また、消費者金融などの貸金業者の場合、貸金業法に定められた「総量規制」のルールの縛りを受けるため、借りられる金額は最高でも貸金業者各社合計で年収の3分の1が限度となります。

 

ただし、初めて利用する方の場合、いきなり総量規制にかかる限度付近までの金額を課してもらえることはないでしょう。

 

4.審査について

お金を借りるときには、一般的に審査が行われます。審査は、「本当にこの人にお金を貸してきちんと返済してくれるか?」という視点から行われ、審査通過できなと当然ながらお金を借りることはできません。

 

審査においては、たとえば以下のような項目が見られます。

・年齢
・年収
・勤務先
・勤続年数
・雇用形態
・居住形態
・家族構成
・他社での借入状況
・過去の延滞・滞納の有無

これらの項目は、申込時に記載した情報に加えて、個人のローンやクレジットの利用状況などのデータが蓄積されている個人信用情報機関の情報を参考にして審査されます。

 

5.在籍確認の内容と流れ

カードローンの審査の過程では、「在籍確認」と呼ばれる手続きが実施されます。

 

「在籍確認」というのは、申込時に記載した勤務先に確かに在籍して勤務しているかを確認する手続きのことで、通常は申込時に記載した電話番号に電話をかけて申込者本人を呼び出すことにより行われます。

 

在籍確認の流れや内容については、おおよそ以下のような感じです。

 

※大手消費者金融の在籍確認電話のイメージ

 

ヤマダ(カードローン会社の担当者野個人名)と申しますが、○○さんをお願いします。

はい、○○は私です。

この度はありがとうございます。これで確認が取れましたので、引きつづき手続きを進めます。

はい、お願いします。

以上のやり取りのように、在籍確認の手続きは非常にシンプルです。あくまで、その会社に在籍していることを確認することが目的なので、その他のことをあれこれと聞かれることは通常ありません。

 

また、大手消費者金融はプライバシーに対して配慮する意識が高いので、会社や周囲の同僚に借入がバレないように配慮して、業者名を名乗らずに担当者の個人名のみを名乗ります。

 

一見すると、取引先や知人と見分けがつかないのでカードローンで借金を使用としていることが周囲にバレる心配はあまりいりません。

 

もしも、同僚が「今の電話って誰からだったの?」と詮索してきても、「クレジットカードの在籍確認だった」と説明すっれば、それ以上怪しまれることもないでしょう。

 

職場への電話による在籍確認を回避するには?

大手消費者金融の在籍確認電話では、借入が周囲にバレる心配はあまりないことは既にお伝えしましたが、中には

 

「確実にバレたくないので職場に電話して欲しくない」
「普段あまり電話がかかる職場ではないので怪しまれる」
「立場上、自分に電話がかかってくることはない」

 

などの事情から、在籍確認のために勤め先に電話をして欲しくないというかたもいると思います。

 

そんな方にオススメなのが、SMBCモビットのWEB完結です。

 

SMBCモビットのWEB完結なら、

 

・勤務先への電話連絡なし(書類上で在籍確認を実施)
・自宅への郵送物なし

 

でお金が借りられるので、会社や同僚はもちろんのこと、ご家族に借り入れをバレたくないという方にもオススメです。

 

SMBCモビットのWEB完結の詳細を確認>>

 

6.利息の計算方法

お金を借りた利息がかかります。お金を借りたらどのくらい利息がかかるか気になる方もいると思いますが、利息は以下の計算式により自分で算出することができます。

利息金額 = 借入残元金 × 利率 ÷ 365 × 借入日数

 

7.返済方法

カードローン会社各社では、利用者に返済してもらいやすいように、様々な便利な返済方法を用意しています。

 

たとえば、プロミスでは、下記の様な返済方法を用意しています。

  • インターネット返済
  • 口フリ(銀行口座からの自動引き落とし)
  • コンビ二に設置されたマルチメディア端末(Loppi、Famiポート)
  • 転倒窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • 銀行振込

なかでも、手数料無料で24時間365日いつでも思い立ったときに返済できる

 

・インターネット返済
・コンビ二のマルチメディア端末

 

は特にオススメです。

 

今日お金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のキャッチコピーでおなじみのアコムは、その言葉のとおり初めてお金を借りる人でも安心して利用できるカードローンです。初めて利用する場合、30日間利息0円でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、借入れまでの一連の手続きを全てネットだけで完了できます。審査スピード・借り入れまでのスピードの速さにも定評があるので急ぎでお金を借りたい多くの方に利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。